読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさヘルブログ

気持ちの整理のために開設。うさまるとデスヘルが好き。最近は、気持ちの整理とダイエット報告がメインになってきています。

提示された給料分だけ働く事は、他人のためにもなる

仕事を仕事と割りきる。

 

なるほどそう考えている人達からすれば、決められた時間給の中で必死に仕事をやる人は、うっとおしいだろう。労働者が必要以上に頑張ることで、自らのみならず、割りきっている人たちの首をも絞めているのだから。

 

時間給のなかで決められた成果以上の事をやる人は、上の人からすればコスパの良い人材かもしれない。だが、そうなると上の人にとっては必死な人のこなす仕事量が基準と見てしまうようになってしまう。あの時あいつは出来たから、今度もお前も出来るになるわけだ。

 

そのうち上は、全ての人に誰かが必死な頑張りでこなした仕事量を通常の状態でも求めるようになり、上の求める仕事の基準量だけが増えて行ってしまう。つまり、必死の頑張りが他人の迷惑になるわけだ。

 

仕事が本当に好きで、仕事はもはや趣味だ、と言う場合以外、あるいは、時間給である場合は、必死に仕事をやるのは全労働者にとって損なんだな。報酬に応じた仕事量を見極めてこなすのも重要。そういう考え方もあるのか。

 

面白い。ミニマニストの人の考え方は、本当に面白い。参考になる。僕はまだまだ視野が狭いなぁ。