読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさヘルブログ

気持ちの整理のために開設。うさまるとデスヘルが好き。最近は、気持ちの整理とダイエット報告がメインになってきています。

区切りをつけると、前に進める & ダイエット報告日記52

こんばんは。

うさヘルです。

 

一昨日から小説を書くため、物語のあらすじを800字程度でノートに書くことを始めました。この作業で二つの効果が狙えると考えています。一つは、物語を作って完成させる事が出来る、という経験を得る事。一つは、その成果を見て自信にする事です。

 

作業の中で、小説は完成を考えるより、区切りをつける、という考えで進めた方がいいと思いました。それは、僕の生活にも適応できると思いました。だから今日は、それについてまとめます。

小説の練習

一昨日から小説を書く訓練として、毎日800文字をノートに書き始めました。手首や腕の痛みが取れていくにつれ、文字数を増やしたりや内容を濃くしていきたいと思っています。とにかく毎日、少しずつでも成果を残したいと思っています。

 

とはいえ、キャラクターの性格や設定など毎日を考えるのはきついため、補助器具としてタロットを使っています。性格の位置に「正義」が出たら、正義の味方。状況の位置に「吊られた男」が出たら、行き詰っている、などとするわけです。

お話を区切る

一昨日は初挑戦なので、僕の好きなハッピーエンドでの完成を目指しました。ところが話の展開を完全にタロットのカードにまかせた事と、結末を示すタロットがなかなかいい意味にならなかったので、物語がまとまらず、四苦八苦していました。

 

そこで昨日は、物語の大筋を完全にタロットで決め、話の設定や展開をタロットで補う方式にしました。結果、小説は望んだものとは違い、設定も登場人物も暗い雰囲気の上、暗い結果で終わり、後味が悪いです。でも、前日よりも上手く纏まっていました。

区切りを自分で決める

納得のいく終わり方ではないですが、終わりと出来たのは、自分で考えて区切りを決めたからだと思います。物語を作る際だけでなく、何かをする際は、完成でなく、見切るでなく、区切る、というのが、前に進むために重要なのだと思いました。

 

今回の事で、物事を進める際には、自分で納得して区切ると纏め易い、ということを実感しました。色々な点で応用できそうだな、と思いました。今後の色々な点で参考にしようと思います。

 

また、理想の物語を書く際には、納得のいく骨格を作ってから、肉付けをする事が重要だと実感しました。ただしばらくは、タロットで示された結末や話の流れ、設定が嫌な場合でも、芸風を広げるため、その通り書いてみようと思います。

 

後はダイエット報告日記で終わりです。

ダイエット報告日記

体重:92.6→93.0kg

運動:ウォーキング 25分 3km

   ストレッチ 20分

食事:三食+夜食

 ◆夜食:板チョコ一枚

 ◇朝:サラダ80g、小魚とアーモンド、豆腐一丁

 ◇昼:モンブランケーキ一個、コーヒー一杯

 ◇夜:塩ラーメン、アイス

 ◆間食:水、お茶、白湯、フルーツグラノーラちょっと

 

太りました。ですが、体調は悪くないです。運動も痛んだ瞬間に中断したし、無理はさせてないと思うもで、体が回復している証だと信じます。でも手首は相変わらず痛いです。負荷を減らしていますが、まだ痛みます。

 

とりあえず明日は、日記に文字数制限をかけよう。この作業、痛みが頻繁に走るし、悪い影響が出てますからね。来週まで痛みが取れなかったら、ペインクリニックに行こう。キーボードとマウス、入力姿勢なども真剣に考えないといけないですね。

 

それではまた。

明日がいい一日でありますように。

2017/03/28