読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさヘルブログ

気持ちの整理のために開設。うさまるとデスヘルが好き。最近は、気持ちの整理とダイエット報告がメインになってきています。

両腕の痛み、今後の対策 & ダイエット報告日記53

両腕がひどく痛む。

ペインクリニックでも駄目だった。

徒労感と、絶望感と、腕の痛みが混ざって、頭の中がぐちゃぐちゃだ。

 

とにかく、現状と今までと今後の方針だけでもまとめよう。

 

現状

 手首から始まった痛みが、上半身へ広がる。日常の生活でどこかが痛くなる。

対処

 ロキソニン、ロキソニンテープ

 サインバルタ(うつ病対策に処方、痛み止めとして作用)

僕個人の考え

 両腕全体の筋繊維が疲労によって傷んでおり、その日の負荷が高い部分が一番初めに痛む。最初に手首を庇った事で、腕、指の部分など、別の部分に余計な負荷がかかり、痛む範囲が徐々に全体へ広がった。現在、指先から肩まで慢性疲労状態が進行。

医者の診断、意見

 テニス肘(整形外科)、精神的なもの(整形、ペインクリニックにて診断)

整形外科、ペインクリニックで対処が不可能な理由

 1:痛みを訴える部署が多すぎる

  ◇日によって違う部位が痛む事は精神が原因としか考えられない。

    →ともかくエコーなどの検査だけでもといったが、それも却下。

      ○エコーは、痛みの大雑把な場所がわかるだけである。

      ○エコーは、痛みをブロックする注射を大雑把に探すもの。

      ○エコーは、筋肉の状態がわかるわけではない。      

 2:サインバルタが出ているため、ロキソニン以外の治療ができない

  ◇サインバルタとは痛みを消す最高峰の薬である(医者の意見)

  ◇サインバルタで消えない痛みは、ロキソニン以外の対処を知らない。

  以下、邪推含む考察及び愚痴

  (医者はサインバルタ、ロキソニン以外の痛み対処がわからない?)

  (精神的なものと断定する→わからないから、心療内科に丸投げ?)

  (検査をも拒む→取り組んで回復しなかった場合、責任をとりたくない?)

  (痛みが一部→テニス肘、全体→精神の物と診断される。何かの基準有?)

今後の対策

 1:痛い部位を一部分だけに断定して訴える

   効果:訴えた部分だけは治療してもらえる可能性

   リスク:訴えた部分以外が傷む、痛む

       全体を見てもらえないので、悪化の可能性

 2:全体の痛みを見てもらえる専門医を探す

   効果:全体の治療や根治が望める

   リスク:時間とお金がかかる

       手遅れになる

 3:サインバルタ量に増やしてもらう

   効果:痛みを感じなくなる可能性

   リスク:精神状態への影響大

       痛みを感じないので、今まで以上に体が壊れることに気付かない

       対処療法なので、傷んだ部分が治るわけでない

       増やしても効果のなかった場合、精神状態が悪化

 4:手を一切使わないで生活かつ、検査してくれる病院などを探す

   効果:治癒の可能性

      MRIなど、他手段での検査を実施の可能性

   リスク:生活費が増大

       治らない可能性大

       同じ診断が繰り返される可能性大

 

ダイエット報告日記53

 体重:減った

  93kg→92.6kg

 運動:行なった

  ストレッチ30分

  ウォーキング60分7km

 食事:三食

  朝:サラダ80g、豆腐一丁、ごはん一膳

  昼:魚定食

  夜:牛乳

 

疲れた。痛みをとってほしいだけなのに、どこを改善すればいいのか知りたいだけなのに、せめて原因を知りたいだけなのに、どうすればいいのだろう。4→3=2→1の順で、試してみる。最悪痛みを隠す必要もあるのだろうか。気が進まないけれど。

 

解決が望めないと他人に責任を求める傾向がある。会社と医者に対して余計な考えが浮かぶ。浅ましいが、止まらない。ストレスの一因だ。考えをやめて行動を心掛けよう。

 

それではまた。

明日がいい一日でありますように。

2017/03/29