読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさヘルブログ

気持ちの整理のために開設。うさまるとデスヘルが好き。最近は、気持ちの整理とダイエット報告がメインになってきています。

復職者が再休業しないために必要なこと

こんばんは。

うさヘルです。

 

今回は、僕が復職から再休業に至るまでを書いてみます。復職を考えている方が、再休業にならないための参考にでもなれば幸いです。

復職決定〜1か月後

復帰先は元休職者や退職間近な者、その他訳有りの人が多い部署でした。業務の中でも、庶務や雑務、経費、教育、管理を行う部署です、ベテランと休職経験者が多いため、こちらの事情を察し、理解してくれるため、居心地いいと感じました。

 

ただ、仕事は無いに等しいです。多少の作業は与えらますが、すぐ終わる雑務中心でした。余った時間でスキルアップの勉強をしようとしましたが諌められました。何もできないもどかしい状況が続くため、会社でのモチベーションの維持が大変でした。

 

同じ境遇を経験した先輩社員が気にかけてくれたことが、一番ありがたかったです。仕事を与えてくれたうえ、非常によく面倒を見てくれたために乗り切れました。皆が忙しい中、自分だけ何もしていないという状況はストレスがたまる事がわかりました。

 

復職1〜4カ月後

突発的にある業務が発生しました。暇を持て余していたため、積極的に首を突っ込みました。業務担当をしていた人が、ある程度の裁量権をこちらに回してくれた上、こちらの意見を聞いて尊重してくれる人だったので、自由に仕事ができました。

 

思えば、この仕事が会社に入ってから一番やりがいのある仕事でした。その仕事は期限までに必ず完了している必要のあるもので、完了がどういった状態なのか明確なヴィジョンがありました。だから努力をして頑張ることができました。

 

また、ゴールが明確だったため、目に見える形で結果を残すこともできました。多くの人に感謝もされました。嬉しく思いました。忙しかったし手はかかったが、とてもやりがいのある仕事だったと感じています。

 

復職5〜8か月後

仕事がなくなり、放置が続きました。復職の教育もおなざりになりました。雑務は徐々に増えるが、やりがいのないものばかりでした。同時に、職場環境が多少変わって、自分に適さない状態になりました。相談しても、対応してくれません。自分のペースで仕事ができないのが一番つらかったです。

 

このころから、体調と精神に異常が出始めました。朝はひどくだるいし、疲れが取れないです。休日は倒れて過ごすことが増え、物忘れも増え、記憶が保てません。外出も最低限、食事も完全にパターン化していたし、楽しいと思えることが減ってました。

 

今見れば明らかに、ストレスをため込み、処理しきれず、鬱症状が再発していた、と思えます。先の業務で慣れない業務を頑張った疲れが出てきたのだ、と考えていました。というより鬱の再発と思いたくなかったので、目をそらしていたのだと思います。

 

9か月後〜現在

この頃、なぜかきちんとした教育が施され始めました。まともな業務が割り振られ、サポートしてくれる上司もつきました。間違えていたら注意をしてくれ、こちらの事を気にかけ、こちらの意見を聞いて良い点は取り入れてくれる、尊敬できる人でした。

 

上司が相談に乗ってくれるタイプだった事が良かったのだと思います。これ以降、精神の成長や仕事のスキル向上が実感できました。けれど同時に、体や心が壊れゆくことも実感しました。腕や肩、足が痛くなったり、眠れない、起きれないことが増えました。

 

環境の変化が一因になっていると気が付けたので、対策を講じたいと訴えましたが、却下されました。悲しかったです。そして、最近限界を迎えて再休業となってしまいました。ここまでのお話を振り返ると、再休業の原因は3つあると考えられます。

 

休業の原因

再休業の原因は3つあります。1.仕事量が多かった事、2.体の異常を無視して頑張った事、3.仕事に適した環境でなかった事、です。

 

仕事は関係する仕事を呼びます。一つの業務を解決すると、いくつもの業務を回されます。それは復職者であろうと、構わず増えます。それだけならいいのですが解決すると、それに関わる業務まで割り振られてしまいます。

 

復職者に割り振られるものは、雑務と言われるものが多いです。それらの業務一つ一つは大したことないけど、だれもやったことがない、手間がかかるなど面倒なものばかりです。そして、その割に評価されることは少ないです。やろうと思えば誰でも出来そうだからです。

 

だから、手を抜いて、周りの速度に合わせることが必要になります。これを心掛けないと、評価されないけれど大変な仕事をどんどん割り振られて、結局パンク、つまり休業になります。そうすると、損するのは自分です。

 

休業しないために必要なこと

復職した人が休業しないためには以下のことに注意したほうがよいと思います。

  1. 出来るからと言って頑張りすぎない
  2. 体や精神に異常が出たら、すぐ周りに訴える
  3. 言っても周りが変わってくれないのなら、その分、手を抜く

 

 無理をすると損するのは自分です。会社は助けてくれないので、気を付けてください。

2017/04/02